履物 しば田 について

ご訪問、ありがとうございます!

伝統履物の草履、下駄、足袋等を、主に全国の寺社仏閣に納めている「履物しば田」と申します。

現在、ネット通販と全国行商というハイブリットスタイルで商いをしております。

行商というとイメージが湧かないかもしれませんが、催事場で出店したり、全国各地の寺社仏閣に直接販売しております。

創業のきっかけ

実家の家業が和装関係だった為、長年付き合いのある職人さんや工房(工場)が次々に高齢化と後継者不足で廃業していくのを見ていました。

特に履物の業界は、後継者のなり手がいなかったので、廃業したり、事業変換する会社も少なくありません。

そもそも和装の市場規模自体が数十年かけて右肩下がりで推移してきたので、和装を生業としてきた人たちは、後継者を育てる環境ではなかったと思います。

だから私の目の前で、昔からある草履や下駄が、同じ製法で作れない。と耳にするたび、なんとなくモヤモヤした気持ちが生まれました。

和装業界でも着物生地である織物は、メディアでも取り上げらたりして、かろうじて若い職人さんにもスポットはあたりますが、履物まではスポットライトが届きません。

和も洋も問わず「装いの最後の仕上げが足元」と云うのに、あんまりだ!

『草履、下駄を残したい!』

ただそんな勢いで2015年にネット通販を始め、2018年に会社を立ち上げました。

今までで、数千足以上お客様の足元に届けさせて頂くようになりました。

いろんな失敗も数多くしましたが、その度に勉強して履物の奥深さを知りました。

古いカタチの草履や下駄が、若い方には一周まわって新しいデザインにも見えたりもするそうです。

一方、高齢化に伴い足の悩みも多いと聞きます。

それなのに足に対する知見や、足を守るすべがないのが現状です。

最近は、子供の教育現場でも、浮指、偏平足といった足の退化が見られ、昔から日本にある履物が足育として注目されています。

少しでも多くのかたに、このブログの場を借り、履物を通してNIPPONの魅力を伝えれていければと考えています。

未熟な文章ですが、引き続き宜しくお願い致します。

そして、皆様の嬉しい拡散もお待ちしております(笑)

履物 しば田   

http://zouritabi.com/

はきもの屋しば田BASE店   

https://zouritabi.thebase.in/

注目記事

日日是好日

ブログの表題でも使わせて頂いている「日日是好日(日々是好日)」。

ご存じの方も多いかもしれませんが、「にちにちこれこうにち」と読んだり、「にちにちこれこうじつ」なんて言ったりもします

私は、「ひびこれこうじつ」と読んできました。

お亡くなりになる少し前に観た樹木希林出演の映画「日々是好日」の中で「にちにちこれこうじつ」と読んでいた時、「日々」を「にちにち!?」はじめてそんな読み方もあるのかと知りました。

映画「日々是好日」http://www.nichinichimovie.jp/

元々、中国唐の時代、禅僧、雲門文偃(ぶんえん)禅師の禅問答の言葉になります。

「これまでのことはたずねないが、今後十五日以後どうすべきか答えなさい。」
と弟子たちにたずねました。

誰も答えを云わないので、雲門禅師が自らこう言いました。
「日日是好日」と。

お茶席などでもよく目にする禅語。

とてもシンプルな5文字。

そして誰でもすぐに実践できる。

「にちにちこれこうじつ」

「にちにちこれこうじつ」

「にちにちこれこうじつ」

少しこころの中で呟いてみるのもいいですね。

そして頭で考えるのを止めて、たまには五感から、頭から一番遠い足から感じてわかる事もあるのではとも思ってます。

ビーチサンダルって日本発祥?

ビーチサンダルって日本発祥なんです。

兵庫県長田区は古くからゴム製の履物メーカーが多く、その工場のひとつで製作された鼻緒のついたゴム草履がビーチサンダルの原型と云われてます。

夏になるとビーチサンダルで過ごされるお洒落さんも多くなりましたね。

ブラジルのビーチサンダルメーカー「ハワイナス;Havaianas」なんかは、ハリウッドスターがこぞって履いて、世界中で売れました。

その後、続々と高級ブランドが足指でつっかける草履タイプの高級サンダルが世の中に広まりました。

私が、90年代後半、ヨーロッパ旅行をしていた時は、ユースホステルの館内で履いていたビーチサンダルを奇異な目で見る若い白人が多かった。

随分時代は変わったなと思います。

ビーチサンダルを広めるきっかけとなった日系移民の方は、当時、ゴム草履を履いていると西洋人からは「牛の足」といってバカにされたそうです。

実は、お隣の朝鮮や中国でも「豚の足」といって草履タイプの履物を履く習慣はなかったそうです。

 ※中国、朝鮮の一部地域では、昔から草履タイプの履物があるそうです。

では、一体なぜここまで草履タイプ、雪駄タイプの履物が世界中で認知されるようになったのでしょうか?

あんなに蔑まれていた二股のカタチが一体なぜ?

ハリウッドスターにプロモーションしたハワイナスの影響も大きいでしょう。

ここからは想像です。というより、そうだろうなと自信をもっています。

ひとつは、世界中でニューリッチが増えて、新たなビーチリゾートが生まれている影響かと思います。

昔、あるお客様に云われたことを思い出しました。

海辺高級リゾートホテルのテラスで食事をする時、靴に砂が入って嫌だと。

ニューリッチな方は、服装もカジュアルで動きやすく快適な装いで、いろんな場所に遊びにいくようになりました。

特にビーチリゾートでは、昼の遊び場と夜の遊び場で、気軽に履きかえられないと不便だったのではと想像します。

そんな時、昔は奇異に感じていたビーチサンダルが、脱ぎ履きにも便利だし、暑いビーチでの足の開放感を刺激されたのではとも感じてます。

もっとお洒落なのないかな?

ホテルやレストランで履ける素材のいいものはないかな?

そんな需要が相まって、日本人には想像できなかった高級ビーチサンダルに進化したサンダルが生まれたのではと思っています。

今では、二股に分かれた草履タイプのサンダルは、プロスポーツ選手のリカバリーシューズとしても注目されているので、履物を扱う当店としては少し嬉しい気分です。

ちょっと小ネタですが、ビーチサンダルって、ニュージーランドではJANDAL(ジャンダル)で、南米ではSAYONARA(サヨナラ)と呼ぶそうです。ニッポンの響きですね。

では、次回、日本の草履についてご紹介させて頂きます。

日本の履物「ぞうり」について

草履(ゾウリ)って何?

女性が着物の時に履くのが草履で、男性は雪駄(セッタ)?

なんで草履は「草」なの?

と商売柄、お話しするとよく聞かれます。

実は、草履も他の履物と比較して説明しないと正直定義が難しいなぁと思うこともあります。

理由は、地域やお店によって表記がまちまちだからです。

当店では、足を載せる台が厚みのあるお履物を「草履」、逆に厚みがなく、底裏と表面で仕上げているぺったんこのお履物を「雪駄」と表記してます。

「草履」の歴史は長く、草(クサ)の履モノと書いて「サウリ」と読んだのが平安朝時代と云われています。

今は全く耳にも目にもしない「浄履(ジョウリ)」というのもこの時代にはあり、これは主に僧侶の用いた履物で、漢字の「浄」をあてはめキレイナという意味をもっていたそうです。

草履の「サウリ」とは異なる履物でしたが、時代が室町時代になると「サウリ」から「ゾウリ」と濁って発音するようになりました。

諸説ありますが、僧侶の履物であるジョウリの影響があるのではないかと云われています。

面白いですよね。

実は、昭和の中頃、「装履」と書いて「ぞうり」と読んで貰おうと東京の履物組合では頑張りましたが浸透しませんでした。。。。

当店では、逆に「ぞうり」を新しく?「浄履」表記して販売していくのもありかな?と想像してみたりしてます。

もし、そんな商品をみたら当店の品だと思って構いません(笑)と云えるくらい販売したいものです。

履物 しば田   

http://zouritabi.com/

はきもの屋しば田BASE店   

https://zouritabi.thebase.in/

WordPress.com Blog.

ページ先頭へ ↑

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう